[PR] 占い ちゃお シニアの未来情報:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

ちゃお シニアの未来情報

団塊世代の未来 堺屋太一予言

団塊 高齢化時代の予言 堺屋太一「平成三十年」

 『平成三十年』とは何か 『平成三十年』とは、朝日新聞朝刊にて平成9年6月1日より連載された小説です。   

今日ほとんどすべてお読みました。
 
最後の最後いま読んでいます。 ・・・ちょっと待ってください・・・

午後10時半 今読み終わりました。

平成三十年、戦国時代 織田信介が三好、武田などを追い落とし 将軍足川(足利)を首相につけ 大改革を断行する、政変劇で終わっています 官僚主導の国家を大変革するのがこの小説のテーマでした。

最後は推理小説張りに面白い展開です 平成の未来にご興味のある方は是非読んでください。
 
いろいろ面白う予言がありますが、私自身の頭を整理しながら少しずつあなたにご報告いたします

今日は、読後感 平成三十年、高齢者が日本の改革を担うために 選挙で勝利する 新党回天政党が大躍進、「5反百姓の会」「学校評価会」「高齢者研究会」などの素人集団の塊が足川(足利)を担いで次々当選 産業情報省(経済産業省)大臣が85歳の高齢者研究会の代表になる
 
黒幕織田信介(信長)が足川首相を追い落とし、政界を乗っ取る そんなドラマを、官僚木下和夫(木下藤吉郎?)の目を通して語られる小説でした。

朝日新聞に連載されたとは、ここ数年新聞を取らなくなっていましたので知りませんでした。
 
こんばんは、小説を読み終わったところで、 その予言の内容について あなたにお伝えしたいことがまとまりません。 これからもう一度振り返り、この面白い予言をお話します。
 
シニア、熟年、65歳を過ぎた私に、この21世紀の主役が団塊世代を中心にした高齢者であるとの堺屋氏の予言は希望と力を感じられるのです 最後の織田氏の飛行機が、明智官僚の本能寺変で行方不明になるところで小説は終わっていますが、 さすがにそれはこじつけと、苦笑しました。

シニア旅行の企画を探しました、シニア割り引きなどもあります


ネット限定の旅、ネットだから格安
 

 【日本旅行】 大人のための旅特集!『寛ぎの旅・煌きの旅』

【日本旅行】偉大な音楽家を育んだ中欧3国・音楽紀行

【日本旅行】 寛ぎの休日、煌きの宿!
【日本旅行】 大感謝の旅★中国


団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。