[PR] 占い ちゃおシニア古典映画情報:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

ちゃおシニア古典映画情報

三丁目の夕日 甘いロマン【ちゃお シニア映画ファン】

三丁目の夕日 シニア世代の甘美なロマン

三丁目の夕日は昭和ロマンを描こうとした映画でした、今日的に胸をうち感動を呼ぶ、そんな時代、この映画のヒットで思いました。
 
 
ロマンを大辞林 辞書で確かめました。
「小説のように変化に富み、かつ甘美な筋をもった出来事。恋愛事件などにいうことが多い。ロマンス。小説のように変化に富んだ大冒険や一大事業。」辞書が教えてくれた意味です。

なるほどと思います、ロマンとは要するに「甘美」(甘い)で小説のように架空のこと(現実的でない)との事なんですね。

でもどうしてそんな非現実を人は求めるのでしょう。また今どうしてこんな映画がヒットするのでしょう。 人々は甘美」(甘い)で小説のように架空のこと(現実的でない)物を求めているのでしょうか。

私はそうだと思いました。現実的でない、甘いロマンを欲しがっているんだと思います。この映画の時代のあとは、高度成長、所得倍増を日本人は達成して経済的に豊かな社会を作りました。そして今日、21世紀初頭には世界で一番長寿の社会を作ったのです。すでに不老長寿を手に入れた世界でもまれな国を作ったんですから、パラダイス(天国)に日本人は入ったんです。 ところが、パラダイスをつかんだとたん、天国では起こるはずのない殺人事件が多発します。

高齢者の妻殺し、夫殺し、母親の幼児殺し、我が子殺し、小学生の同級生殺しなど等、貧しい昭和30年代には起こりえなかった事件がパラダイスで起こっているのです。

三丁目の夕日はパラダイスの矛盾に過去から答えのヒントを呼びかけているんではないかと私は思いました。 舞台は東京ですから、私の育った田舎町とは違いますが、昭和30年代にあった空気が充満しています。東京下町の人々、焼け野原殻小さな町を作ってきた隣近所の濃密な付き合いがありました。

何度の出て来る夕日町の路地風景、そこで展開される人付き合い模様。下町の叙情はすでに忘れてしまった日本人の情でした。あの葛飾柴又の寅さんの家族と近所との情感とはちょっと違うように感じますここには昭和ロマンがある レトルトの昔を、ただ懐かしむというようなそんな作品ではなかったと思います。

昭和のそれも高度成長前の助け合わなければ生活していけない一種の下町共同体、近隣の人が強い人間関係を持っていた、ある意味甘ったるいロマン。
 世界で第2番目の経済大国、お金一杯持っている幸せの理想の国日本、現在のわが国と対象的な貧しくて世界の2流国時代の昭和30年代の日本の「三丁目の夕日」の方が心をたたく、これって何なんでしょうか。心が描く日本と現実の豊かな日本とどちらを選ぶか日本人が迷っている姿なんでしょうか。 甘ったるい昭和ロマンを今の日本人が必要としているのでしょうか、そんなことをもう少しこの映画を自分の戦後の歴史と重ねながら分析してみたいと思います。

昭和ロマンは昭和30年代を境に、経済的豊かさを手に入れて消えてしまった この映画はそんなことを思わせます。

是非映画館に足を・・・すぐ

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版【VPBT-15326】=>10%OFF!ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版



私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします


追伸
こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

ジュウリア ジェーンフォンダ【ちゃお シニア映画ファン】

 ジェーン・フォンダのアカデミー賞受賞

ジェーン・フォンダ主演のジューリアは地味な映画でした。


アカデミー作品賞1977年はアニー・ホール、監督ウディ・アレンですが、全く記憶にありません。
 
多分見なかったのです。

そのわりに同年にノミネートされた映画は見ているのです。
 
□ グッバイガール □ ジュリア □ スター・ウォーズ □ 愛と喝采の日々

この中でも、印象にあるのは、ジュリアのジェーン・フォンダでした。

とにかく地味な映画ですが、さすが監督フレッド・ジンネマンです、こんな地味な映画にサスペンスを見事に盛り込んでいました。
ラスト近くリリアン (ジェーン・フォンダ)がモスクワ演劇祭に招かれたとき、 フランス滞在中のリリアンのもとに男が現れ、

現金5万ドルをナチス統治下のベルリンにいるジュリアのところまで運んでほしいと頼む。
 
リリアンは、かけがえのない親友のために危険を覚悟でそれを引き受けベルリンに向かう・・‥‥。

反ナチ運動の資金だった。二人はベルリンのレストランで再会したか、それかジュリアに会った最後だった。

この展開が、とにかくジンネマンの特徴、フレンチコネクションとは違った押し殺したナチ支配下のスリリングな展開に、

思わずうまいと思った作品です。

ジュウリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)とリリアン (ジェーン・フォンダ)との友情の描き方にも深いものがありました。

アメリカの女流作家リリアン・ヘルマンの回顧録映画ですが、 この映画のジェーン・フォンダがその後の女優としての出発点になったのではないかと思っています。

[PR]ジェーン・フォンダわが半生

私が推薦する古典映画も


 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします


こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

ゴッドファーザーPARTU【ちゃお シニア映画ファン】

アカデミー賞 再びゴッドファーザーPART II  同じ題材での受賞

同じ題材と同じ監督でのアカデミー賞受賞は珍しいこと フランシス・フォード・コッポラのゴッドファーザーPART IIが2回目の受賞作品になりました。

第1作からストーリーは続くのですが、オムニバス風に展開されるもう一つのストーリーは初代ドン、ビトー・コルレオーネのアメリカ移民から始まります。

2代目を引き継いだマイケルが組織を暴力組織から違うものへ、普通の会社組織へと転換を図りますが、むしろ逆に暴力の世界へどんどん入っていく姿を描きます。

ファミリーを維持して発展させるためニューヨークからラスベガスへ本拠を移し、カジノ事業に乗り出していた。 そこにハイマンロスというビトー時代からの関係があったボスからキューバ・ハバナでの事業に提携を働きかけられる。

キューバ革命がその時起こり、マイケルはハイマンが仕掛けたわなに辛くもはまらなかった。しかしそのハイマンと内通していたのが、兄のフレドーであり、腹心と思っていたニューヨークを任せていたペンタンジェりだった。

ハイマンとその手下ロサト兄弟を暗殺してファミリーを守り、ペンタンジェリを自殺に追い込み、実の兄さえ殺してしまってファミリーを守る。 これが表のストーリーだが、その時々に挿入される初代ドンのビトーがだんだんのし上がる映像がこの映画を太く厚いものにしていた。
 
リトル・イタリアで成長した青年ビトーは、若き日のクレメンツァ、テッシオ、ジェンコらと知り合う。

パン屋、八百屋、服屋など様々な職業をやりながら、イタリア移民の人々の信望を集めていき、次第に頭角をあらわすビトーはこのまちを牛耳る悪玉ファヌッチとの対決がマフィア組織を作る最初の暴力になる。

そして嫌われ者のファヌッチを街のお祭の騒音の中、射殺。 ビトーを ロバート・デ・ニーロ が演じており、若いマイケル(アル・パチーノ)との映像上での競演が際立って面白かった。

この年のアカデミーのほとんど部門を独占した。
 
□ 主演男優賞 アル・パチーノ
■ 助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ
□ 助演女優賞 タリア・シャイア
■ 監督賞 フランシス・フォード・コッポラ
 ■ 脚色賞 フランシス・フォード・コッポラ マリオ・プーゾ
■ 作曲賞 カーマイン・コッポラ ニーノ・ロータ

この年のアカデミーノミネート他作品 □ チャイナタウン □ カンバセーション…盗聴… □ レニー・ブルース □ タワーリング・インフェルノ

私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします


こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

フレンチコネクション第2作【ちゃおシニア映画ファン】

フレンチンコネクションU  アカデミー賞映画続編も面白い

ジーンハックマン ドイル刑事がフランスに渡る


アカデミー賞作品の続編 フレンチコネクションU
 

 
たいてい続編は面白くないのです。 でもこれはよく出来た続編だと思います。
 
監督がジョン・フランケンハイマーに代わりました。

この監督は、若い頃「大列車作戦」というナチス占領下のパリ美術館から、ドイツ軍が名画を持ち出そうとする列車を妨害してドイツに行かせない作戦。 フランスの国鉄マンの戦いでした。

バーとランカスター主演で、この監督はすごい監督になるとと思った人でした。
 
そのジョン・フランケンハイマーにこの続編で出会う事になりました。

キャストジーン・ハックマン - ドイル刑事

ベルナール・フレッソン - ルノー警部

フェルナンド・レイ - シャルニエ

ジャン=ピエール・カスタルディ - ラウール
キャスリーン・ネスビット

ジーン・ハックマン以外はほとんどがフランス俳優出、違った映画に仕上がったと思います。

前作をほとんど引きずらないいい映画でした。
 
前作はカーチェイスなどが見せ場、いかにもアメリカ映画らしいアクションが主力でした。

この2作目は、ポパイ(ジーン・ハックマン )が相手に捕まって麻薬患者にされてしまう。

古ぼけた汚いホテルの1室で毎日麻薬注射される、それを捜し求めるフランスのベルナール・フレッソン - ルノー警部 この映像展開は地味だけれども、充分内容が濃いものでした。

ぼろくずのように街角に放り出されたポパイ(ジーン・ハックマン ) 格子の入った部屋で、薬を抜かれる禁断症状の場面 やつれきったその役をジーン・ハックマン 多分このシーンを撮るために食べなかったりいろいろ苦労したことでしょう。
 
ジョン・フランケンハイマーという監督は、黒澤明監督を最も模範とした人です。演出方法も黒澤からマンだといます。 薬の世界の問題点、薬を話す難しさなど テーマが麻薬そのものになったことがこの映画の成功だったと思います。
 
フランス刑事とアメリカ刑事のからみとして その人間の描き方にも新鮮で面白いものがありました。


私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします


こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

アカデミー賞 フレンチコネクション【ちゃお シニア映画ファン】

フレンチコネクション  ジーンハックマンの アカデミー賞 


アカデミー賞映画の中で、フレンチコネクションは何度見ても飽きない映画のひとつです。
 
ジーンハックマン扮するニューヨーク市警で“ポパイ”とアダ名されるドイル刑事。彼は捜査のためならば、暴力的なやり方も厭わない。

そのドイルが、相棒のラソー刑事(ロイ・シャイダー)と共に麻薬の売人を逮捕したことから、


フレンチ・コネクション”と呼ばれる大組織の黒幕・シャルニエ(フェルナンド・レイ)のを追い詰めてくスリル満点のサスペンス。
 
シャルニエが雇った殺し屋ニコリを追い詰める高架橋下のカー・チェイス、ハックマンの乗る車の追いかけっこはむちゃくちゃ面白いし、うまい!


さすが監督 ウィリアム・フリードキン そして、単なるサスペンス映画というだけでなく、リアリティがありました。


実際にニューヨーク市警麻薬捜査課のエドワード・イーガンとサルヴァトーレ・グロッソがフランスからの密売された麻薬約40kgを押収した事件が物語のモデルとなっているからでしょうが、ドラマの展開にニューヨークの麻薬外の姿が映し出されてより現実感をましていました。
 

最後にシャルニエを追い詰め、廃墟になった工場でに逃げ込んだ彼を追い詰め、同量刑事を間違って射殺したり、それでも追い詰めていく執念のシーン ついに追い詰めて「バーン」 ポパイがピストルを発射した所で終る。


謎を残した終り方が次作につながるんですが、このラストに不満も感じさせないほどいい映画でした。
 
出演者 ジーン・ハックマン ジミー・ドイル (ポパイ)
 ロイ・シャイダー バディ・ルッソ (クラウディ)
フェルナンド・レイ アラン・シャルニエ
トニー・ロー・ビアンコ サル・ボカ
マルセル・ボズフィ ピエール・ニコリ
 フレデリック・ド・パスカル アンリ・デヴロー
 
[PR] フレンチ コネクション DVDコレクジーン・ハックマン

またこの年の作品ノミネートは
□ 時計じかけのオレンジ
□ 屋根の上のバイオリン弾き
 □ ラスト・ショー □ ニコライとアレクサンドラ

私が推薦する古典映画も

 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします

追伸
こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

点と線 時刻表の推理ドラマ

時刻表の推理  点と線 

点と線のテレビドラマは久しぶりにすごくよく出来たエンタメであり サスペンスドラマでした

東京駅の13番ホームを利用したアリバイ

時刻表と事件の進展
 

ドラマはこちらから始まる

料亭「小雪」の女中2人と、東京駅の13番線プラットフォームで見送られていた機械工具商会を経営する安田辰郎。

この3人は、向かいの15番線プラットフォームに、同じく「小雪」で働くお時が男性と夜行特急列車「あさかぜ」に乗り込むところを見つける。だが数日後、お時とその男・佐山は、香椎の海岸で情死体となって発見された。


一見ありふれた情死に見えたが、博多のベテラン刑事・鳥飼重太郎は、佐山が持っていた車内食堂の伝票から事件の裏の真相を探るため、一人、捜査をすることにする。


一方、佐山は現在社会をにぎわしている××省の汚職事件の関係者であった。この事件を追っていた本庁の刑事・三原紀一は、心中事件を追って九州へ向かい、鳥飼と出会う。
 
捜査の結果、二人は、東京駅で13番線プラットフォームから15番線プラットフォームが見えるのは、1日の中でわずか4分間しかないことを突き止め、安田を容疑者として追及しようとする。

だが、安田には完璧なアリバイがあった 松本清張の時代をとらえた事件の導入は砂の器と同じように初めから引きつけられる。

砂の器では国鉄の蒲田駅の線路で田舎の元警察官の死体発見から始まる。 こちらも国鉄駅である、鉄道を使った推理小説が松本清張のデビュー時には多い。 砂の器の背景にはらい差別があり、点と線の背景には汚職があった。
 
松本清張は新聞社での給士、版工時代に見た社会事件の報道現場の体験が必ず作品に影響を与える。
 
点と線も砂の器も、戦後まもなくの日本の現状が描かれ 特に国鉄を舞台にする点は当時国鉄での不可解な殺人時間が松本作品の下地になっていると思えます。
 
下山事件、松川事件など松本清張は舞台に国鉄を持ってきたのだと思います。
 
その時代の空気をこのドラマ「点と線」はちゃんと捕らえたからいい作品になったのです。

多分これだけお金がかかった作品です、これからも何度か再放映されるでしょう。

点と線 / 邦画 砂の器 デジタルリマスター2005(DVD)

ちゃおシニア古典映画情報

3丁目の夕日昭和ロマン【ちゃお シニア映画ファン】

 昭和のロマン 三丁目の夕日

三丁目の夕日第1作と続三丁目の夕日を続いてみました。

昭和30年代の空気にたっぷり酔いました。
 
DVDと劇場と久しぶりにはしごした気分です。
 
4年前にこの第1作が評判になったのは知っていたのですが、漫画原作と小雪というファッション上りの女優出演ということで、偏見があったことと映画館と遠ざかっていたこともあって気にかけなかったのです。
 
ところが急にこの映画が見たくなったのは、小雪さんがオーラの泉に出たとき、直感的に本物の女優だと感じたのです。先ずDVDを借りて一人見てみました、 いきなりの画面CGは自分の子供時代の風景です、


舞台は東京ですから、私の育った田舎町とは違いますが、昭和30年代にあった空気が充満しています。

東京下町の人々、焼け野原殻小さな町を作ってきた隣近所の濃密な付き合いがありました。 何度の出て来る夕日町の路地風景、そこで展開される人付き合い模様。

下町の叙情はすでに忘れてしまった日本人の情でした。
 
あの葛飾柴又の寅さんの家族と近所との情感とはちょっと違うように感じます ここには昭和ロマンがある レトルトの昔を、ただ懐かしむというようなそんな作品ではなかっっとおもいます。

昭和のそれも高度成長前の助け合わなければ生活していけない一種の下町共同体、 近隣の人が強い人間関係を持っていた ある意味甘ったるいロマン その空気がいきなり飛び込んできて、DVDの返却日を延長して、 もうその翌日「続三丁目の夕日」を見に行ってしまったのです。
 
昭和ロマン、漫画は見たことはありませんが、作者のテーマがそこにあるような気がしました。
 
[PR]ALWAYS 三丁目の夕日
[PR]三丁目の夕日傑作集(その4) 

追伸こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

ボクシング亀田問題【ちゃお シニア映画ファン】

亀田問題とシルベスタ・スターローンについて

シルベスタ・スターローンの夢の実現のし方と亀田家族の夢獲得の仕方は大きく違いました。

映画ロッキーを書いたシルベスタ・スターローンは 映画のオーディションに50回以上落選し、

ポルノ映画への出演や用心棒などをして日々の生活費を稼いでいました。
 
長い極貧生活を送っていたある日、彼は世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合を観戦して、

全く問題にされないウェプナーであったが予想外の善戦を展開。 試合はアリが勝利したものの、「二度と対戦したくない」と言わしめました。

アリをダウンさせたその瞬間、ウェプナーは偉大なボクサーとなり人々の心に永遠に刻まれると考えたスタローンはこの出来事を基に僅か3日で脚本を書き上げプロダクションに売り込みました。

プロダクションはその脚本を気に入り7万5千ドルという破格の値をつけたが、スターローンがつけた条件主演は自分で、監督も2流だが自分が選んだ監督、主演監督とも最低のギャラでプロダクションはしぶしぶす引き受けたのでした。

結果はアカデミーの開く部門でオスカーを受賞して、シルベスタ・スターローンのアメリカンドリームが出来上がったのです。

さて今回の亀田問題の場合、テレビや新聞の内容を見る限りこの家族はやはりかなり貧しい情況だった、そのことはウェプナーやスターローンと同じだった。 ボクシングの世界はいつも、それこそ腕一本で栄光の道、ドリームをつかむ舞台として使われ、数々の映画にもなりました。

だから、亀田親子がこの道を選び、特殊な情況の中でドリームをつかもうとした、評論家などが述べる「金のため」だけにボクシングをすることへの批判に対して、そうは思いません。
 

「金のため」家族が金持ちになるために、どんなにつらい練習にも耐えられた。それはドリームの道として間違っていなかった。 3兄弟は、ドリームをつかみかける所まできたのです。

ここから、シルベスタ・スターローンと亀田一家が違う道をえらびました。

亀田家族は、とにかくお金儲けを急ぎた、自分たちの土台を作るじきにもかかわらず、ドリームをつかんでいると錯覚して自己満足してしまった。
 

シルベスタ・スターローンはギャラを捨ててでも、自分の土台作りのためにプロダクションの劣悪条件さえも受け入れた。(極貧状態であったにいもかかわらず) シルベスタ・スターローンの一度は自分自身を捨てることを決意した、それに対して亀田家族は一時にすべてをとろうとした。
 
この違いは大きく結果を変えたと思えます。 シルベスタ・スターローンはその後ドリームをすべて手に入れました

、亀田家族は一時にドリームを失いました。

亀田父親は謝罪会見を拒否して、自身のボクシング生涯を捨ててしまいました。ほんの一時期、自分を捨てる勇気を持てなかったため、やはり臆病のそしりを免れないでしょう。 ロッキーの映画をビデオで見ながら思ったことです。


私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

ロッキー アカデミー賞【ちゃお シニア映画ファン】 

 ロッキー第1作 シルベスタスター・スタローン

シルベスタスター・スタローンが自分でシナリオを書き売り込んだ最初の映画です。
 
まさしくシルベスタスター・スタローン自身のアメリカンドリームをこの映画で成し遂げたのでした。

そして自分を主役にすることも条件で売り込んだ作品といわれています。


 ボクサーでありながら身を持ち崩したシルヴェスター・スタローン がすでに年齢的にボクサーとして不可能だといわれながら コーチを恋人の愛にこたえてチャンピオンになる。
 
 

主演男優賞 シルヴェスター・スタローン

  主演女優賞 タリア・シャイア

 監督賞 ジョン・G・アヴィルドセン
 脚本賞 シルヴェスター・スタローン

作品賞のほかに、このようなオスカーを手に入れた、シルヴェスター・スタローンは その後ロッキーシリーズ5本も映画にして、それ相応のヒットを飛ばしました。
 

肉体派のシルヴェスター・スタローンはアメリカ人が一番好きなタイプのスターの登場になったと思います。 その後主演するアクション映画など、彼の真髄であり、アメリカ人の陣髄でもありました。
 
主演女優賞 タリア・シャイア はゴッドファーザーの末娘役コニーでした、ゴッドファーザー最初の場面の結婚式の花嫁 でもこの映画のシルヴェスター・スタローン の恋人役がやはり一番よかった。

私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします
追伸
こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

アカデミー賞 ジャックニコルソン【ちゃお シニア映画ファン】

アカデミー賞 カッコウの巣の上で

「カッコウの巣の上で」はある意味衝撃的な映画でした。

この映画をアカデミー賞の対象にするアメリカの公開性を感じるるものでした。

ジャックニコルソンの目つきは、精神業者を思わせる見事なものでした。

この映画は、犯罪者であるジャックニコルソンが刑務所いやさに、精神行のふりをして、精神病棟に入院する。
 
そして、その精神病棟で行われる治療は刑務所以上に人間扱いしない仕方で、 一番厳格にその治療を進める冷たい美人婦長と事毎に衝突し、

反抗する 彼は精神病棟の変革を、病棟に女友達を連れ込み、酒を持ち込んでどんちゃん騒ぎをして逃走をはかるが、酔いつぶれて寝過ごしてしまう。

翌日、乱痴気騒ぎが発覚し、そのことで婦長から激しく糾弾され、婦長を殺そうとして隔離 脳梁切断手術をされ廃人になってしまうなる、 彼と同じように行動したインデアンの患者のチーフが彼を布団で窒息死させ窓を破り逃走する ここで映画は終る。

私は、知人のうつ病で何度も精神病棟に通った経験があります。

鉄格子の病棟で、やはりそんなに自由な場所ではありませんでした。 それでも、この映画のような極端ではありませんでした 始めに訪ねた病院は、なんとなくこの映画を思わせる病棟で 一度入院させると、1ヶ月以上面会ができないとの誓約をさせられそうになって、 その病院の入院をやめたことがあります。

この映画は、象徴的に精神病棟を描くために、ドラマチックなエンディングを用意したのでしょうが 最近うつ病の患者が増えて、 心の病気に対する考え方が大変かわったと思えます それでも、偏見は結構大きいのです。 それは実感を持っていえます。

また、ジャックニコルソンのように強制的に言葉も出なくしてしまう手術ほどではなくても 薬のせいで、夢遊病状態になることはあります。

この治療は、本人の意思と家族の協力が何より必要なことを この映画を思い出して、今また思いました。
 
監督: ミロス・フォアマン   出演: ジャック・ニコルソン ルイーズ・フレッチャー マイケル・ベリーマン ブラッド・ドゥーリフ ウィル・サンプソン クリストファー・ロイド


私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします
こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

ポールニューマン スティング【ちゃお シニア映画ファン】

アカデミー賞 スティング 

アカデミー賞 この年は前年のゴッドファーザーに対して小品です。

面白いことですが、重厚なお料理の後は軽い軽食もいいものです。

スティング(Sting)は英語で〔動詞〕(針などで、ちくりと)刺す、ひりひりさせるなどの意味出、この映画はまさにそんな映画です。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード が大物ボスを競馬のノミ行為で陥れるスティング(Sting)は見事に軽快なタッチで尾面白い展開でした。

ゴッドファーザーと同じギャング世界を題材にした映画ですが、リアリティはなく作り話の面白さです。
 
ロバート・レッドフォード ジョニー・フッカー ポール・ニューマン ヘンリー・ゴンドルフ の二人の詐欺師が大物ギャングのボスを見事にだます軽快な喜劇的映画です。

でもそれをつまらないものにしなかったのは、ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン 、ロバート・ショウなどの演技達者が作り上げた所に値打ちがあったのです。

監督のジョージ・ロイ・ヒルは「明日に向かって撃て!」「華麗なるヒコーキ野郎」などの代表作がありますが、 このような小品を作る楽しい監督の一人といえます。

ゴッドファーザーなどのこってりした味を楽しんだ後で是非ご覧下さい。 まさしく、スティング(Sting)(針などで、ちくりと)刺す、ひりひりさせるえいがです。

私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

ちゃおシニア古典映画情報

卒業作文 昭和20年代【ちゃお シニア映画ファン】

仰げば尊し 昭和28年の卒業文集

1940年(昭和15年)生まれの私の小学校の文集をご紹介します。
その前に、私が生まれた時代、この世代のことを私は勝手に【戦中生まれの戦後育ち】としました

では作文に入る前に、私自身が印象的な世代の歌
二つの歌

金鵄(きんし)輝く 日本の
栄(はえ)ある光 身にうけて
いまこそ祝え この朝(あした)
紀元は二千六百年
ああ 一億の胸はなる
歓喜あふるる この土を
しっかと我等 踏みしめて
はるかに仰ぐ 大御言(おおみこと
紀元は二千六百年
ああ 肇国(ちょうこく)の雲青し
荒(すさ)ぶ世界に ただ一つ>
揺るがぬ御代に 生立ちし
感謝は清き 火と燃えて
紀元は二千六百年
ああ 報国の血は勇む
間奏
潮(うしお)豊けき 海原に
桜と富士の 影織りて
世紀の文化 また新(あらた)
紀元は二千六百年
ああ 燦爛(さんらん)のこの国威
正義凛たる 旗の下(もと)
明朗アジア うち建てん
力と意気を 示せ今
紀元は二千六百年
ああ 弥栄(いやさか)の日は上る

紀元2600年奉祝会選定  紀元二千六百年
作詩 増田好生  作曲 森義八郎  昭和14年 日本放送協会製作

昭和15年(1940年)は西暦でなく建国歴の「皇紀」2600年目に当る年、時は日本全土が戦争一色の時代、男の子が産まれると、後の兵隊候補として国家から何がしかの祝い金が下がったそうです。
(*日本では西暦ではなく「皇紀」を使用していました。皇紀とは日本の建国神武天皇即位。西暦で言えば紀元前660年から数え始めた紀年法のことで、紀元とも言いました。紀元元年が天皇制の始まりですから、まさに天皇の歴史と国の歴史が一致するわけです。)
私たち昭和15年生まれはこの歌詞のすべては知りませんが、最後の
「きげんは にせ〜ん ろっぴゃくねん」
の音節は後に親から教えられたのでしょうが、はっきり覚えています。
「金鵄(きんし)輝く 日本の」ので始まる、天皇の国、日本の赤子として誕生した、私たちがこのように歌われたのでした。

そしてもう一つ、はっきり覚えている歌があります。
それは戦争に負けた、終戦直後の歌です。


朝は再(ふたた)び ここにあり 朝は我(われ)らと 共にあり
埋(うも)れよ眠り 行けよ夢 隠れよさらば 小夜嵐(さよあらし)

諸羽(もろは)うちふる 鶏(くだかけ)は 咽喉(のんど)の笛を 吹き鳴らし
きょうの命(いのち)の 戦闘(たたかい)の 装(よそお)いせよと 叫(さけ)ぶかな

野に出でよ 野に出でよ 稲(いね)の穂(ほ)は 黄(き)に稔(みの)りたり
草鞋(わらじ)とく結(ゆ)え 鎌(かま)も執(と)れ 風に嘶(いなな)く 馬もやれ

作詞者 島崎藤村  作曲者 小田進吾

この詞は島崎藤村の詞であることを知りませんでした。陸軍大臣・東条英機が示達した『戦陣訓』を書いた人で、昭和17年(1943年)に死んでいます。


戦争協力者の戦中に作られた歌詞がなぜ終戦直後に、ラジオに流れたのでしょう。
当時放送局はNHKしかなかったのですから、アメリカ占領直後にこの歌が流れたことは大変奇異なことだと高校生くらいになったとき思いました。

ココから私の世代が始まりました。
 

ちゃおシニア古典映画情報

日本映画 おとうと【ちゃお シニア映画ファン】

日本映画1960年「おとうと」市川 崑 監督

この年は、60年安保闘争で、日本中がデモの嵐が吹き荒れた
 
国会デモを体験いたしました。
 
青春の忘れられない年、1960年はそんな年でした。
 
「おとうと」監督 ................  市川崑
 
脚本  水木洋子
原作 ................  幸田文
配役    
 げん ................  岸恵子
碧郎 ................  川口浩
 母 ................  田中絹代
田沼夫人 ................  岸田今日子

そんなデモの合間をくぐって、この年は映画を見まくりました。

当時、3本立て55円、3番館くらいはそんなチケットで、 それにしてもこの年370本位見たのですから、どうしてお金工面したのでしょう 今でも不思議な気がします。
 
映画に戻ります この映画幸田露伴の娘、幸田文の原作です その姉役が岸恵子 おとうとが川口浩 (川口松太郎の息子) 継母の田中絹代は、異母であることでこの姉弟になじめず キリスト信仰にそのはけ口を見つけます

仲間の岸田京子と田中絹代のひそひそと陰気に話し合うシーンがなんとも今でも

印象に残っています。


信仰とは、逃げ場所であること、 自分を主張する場であることがよく分かります。
 
統一教会など、最近のキリスト教信仰は、 この映画の田中絹代と岸田京子の姿とダブります。

この年の、日本のおかれた状況、 アメリカの占領から自立しようとする苦しさを この映画は、監督がそんな意図がなくても、時代が作らせたように思えます。

アメリカ、キリスト教、信仰、救われる このことが、げんと碧郎姉弟が抵抗する日本人の姿 こじつけですが、 60年安保 日米の主従の関係にNOと言った、その当時の日本人がいたのではないかとさえ思います。
 

この映画は、そんなこととは何の関係もないのですが、 当時の空気はこんな映画にも吹き込んでいると思えました。 この年、すごく濃い映画がたくさんありました
 
三船敏郎/悪い奴ほどよく眠る

小津安二郎 秋日和

裸の島(DVD) ◆20%OFF!
 
大島渚/日本の夜と霧

ちゃおシニア古典映画情報

日本映画 名もなく貧しく美しく【ちゃお シニア映画ファン】

日本映画 「名もなく貧しく美しく」1961年は安保を忘れた

日本映画 この年のキネマ旬報は 羽仁進監督「不良少年」を選んだ、 たぶん見たと思うが、ほとんど記憶がない。


記憶に強くあるのは 「名もなく貧しく美しく」  高峰秀子 タカミネヒデコ (片山秋子) 小林桂樹 コバヤシケイジュ (片山道夫) 島津雅彦 シマヅマサヒコ (片山一郎(一年生)) 王田秀夫  (片山一郎(五年生)) 原泉 ハラセン (秋子の母たま) こんな俳優で、聾唖者家族が生きていく苦難とその生活の美しさを描いた映画でした。


障害者の生活は今では相当違って、厚い保護がされています。 でもこの映画が伝えることは、経済的的充足だけではない、人間のかかわりを表現しました。

偏ることなく、不幸ばかりがおしよせる生活を、不思議な暖かさで表現する 木下一家の作風が、松山監督に受け継がれた映画でした。
 
映画の内容より、私があなたに伝えたいのは、 前年の安保闘争で、日本中の人たちが政治にエネルギーを費やし くたくたになったその直後に こんな映画が生まれたことなのです。
 
ある意味で、癒し系の映画と言えます またある意味で、麻薬系の映画ともいえます。 ともあれ、その後日本は日米安保の絆で、 所得倍増、世界第2位の経済大国になっていくのです。

安保世代に続く、団塊世代によって・・・ この年の映画の特徴を私が選びました

 用心棒 / 黒澤明

はだかっ子/田坂具隆

飼育/大島渚

ちゃおシニア古典映画情報

古典映画 飢餓海峡【ちゃお シニア映画ファン】

古典映画 「飢餓海峡」 【砂の女】

まずこの年のキネマ旬報NO1「砂の女」から

主人公岡田栄二は砂漠に新種のハンミョウを採集しに向かうが、砂漠の中の村で寡婦岸田今日子が住む家に滞在するように勧められる。

村の家は一軒一軒砂丘に掘られた蟻地獄の巣にも似た穴の底にあり、はしごでのみ地上と出入りできる。

一夜明けるとはしごが村人によって取り外され、主人公は女とともに穴の下に閉じ込められ奇妙な同居を始める。 村の家々は常に砂を穴の外に運び出さない限り砂に埋もれてしまうため人手を欲していた。 勅使河原宏監督の、結構難しい映画でした。
 
勅使河原宏の世界 (DVD) ◆20%OFF! あり地獄の男女が生活を見せることで、何を表現したかったのか



今でもこの映画の意味が分かりかねています。ある意味スエデーデン映画を見るような違和感を感じました。 むしろこの年面白いと今でも思い出されるのは、 飢餓海峡 水上勉原作映画でした。

 
青函連絡船の転覆事故が発生した頃、北海道の岩内で質店一家の強盗放火殺人事件が発生していた。

連絡船事故の遺体収容にあたった函館警察の弓坂刑事は、身元不明の二つの死体がどこか別の場所から流れて来たものと推測する。

同じ頃、酌婦の杉戸八重は一夜を共にした犬飼という男から大金を渡された。犬飼は去ったものの、八重はその恩人への感謝に、大金を包んであった新聞と自分が貸して犬飼が使った安全剃刀を肌身につけて持っていた。
 
その後、弓坂が八重に不審な男について尋問するが、八重は犬飼をかばって何も話さなかった。 そして、八重は酌婦をやめて去っていき、行方はようとして知れなかった。

それから十年、八重は舞鶴で心中死体となって発見された。 東舞鶴警察の味村刑事が女の懐中から舞鶴のデンプン工場主樽見京一郎が、刑余更生事業資金に三千万円寄贈したという新聞の切り抜きを発見し、事件は急転する。
 
青函連絡船の転覆事故を題材にした、おもしろい推理映画で、ダイナミズムを感じる人間模様の映画でした。
 


樽見京一郎/犬飼多吉:三國連太郎 杉戸八重:左幸子 弓坂吉太郎刑事:伴淳三郎 味村時雄刑事:高倉健

これらの出演者の演技も見事で、三国錬太郎の犯人、伴淳(バンジュン)の刑事、健さん、そして左幸子の酌婦、深く暗く熱い人間模様の映画といえ、 この種の映画のエンターテインメントを開いたと思いました。 今でも充分、どきどきわくわく、歴史と時代を感じられる映画だと思います。


ぜひ見てください。 この年のほかの映画

赤い殺意

越後つついし親不知

私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします

ちゃおシニア古典映画情報

日本映画 市川雷蔵【ちゃお シニア映画ファン】


古典映画  眠狂四郎 市川雷蔵

若くして世を去った大映の大スター市川雷蔵は、多くの作品を残したが、一番のはまり役がこの眠狂四郎である。

市川雷蔵は 京都堀川丸太町で亀崎章雄(かめざき・あきお)として生まれる。
 
しかし諸事情があり実の両親と相次ぎ離別を余儀なくされ、生後6ヶ月で父の親類筋であった歌舞伎俳優市川九団次(本名・竹内嘉三)に引き取られて養子となる。

旧制天王寺中学(秀才)を中退し、 15歳で大阪歌舞伎座、東西合同大歌舞伎『中山七里』で初舞台。

雷蔵は歌舞伎俳優家の出身でなく、不利・制約を受け続けたが、
 雷蔵の実力を見抜いた評論家武智鉄二や寿海、松竹取締役(当時)・白井信太郎の引き立てで一躍関西歌舞伎の若手のホープになった。


とにかく頭のよう俳優のイメージとすごい男前だが、陰のある深いインテリ俳優の印象です。

その彼の「眠狂四郎」シリーズはキャラクターと作品がぴったり一致した映画だと思います。
 
雷蔵が37歳で病死したことは、 もう一つの印象的映画「大菩薩峠」の虚無の世界をそのまま人生にしたのではない

かと映画と現実の不思議な一致を思うのは私だけでしょうか。   

    
  私が推薦する古典映画も

 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします

ちゃおシニア古典映画情報

日本映画 黒澤明赤ひげ【ちゃお シニア映画ファン】

日本映画 黒澤明監督 赤ひげ 

 黒澤映画のサスペンスがチャンバラでない地味な映画になりました 山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。
 
私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる。」という熱意で、当時のどの日本映画よりも長い2年の歳月をかけて映画化した黒澤ヒューマニズム映画の頂点ともいえる名作。



完成した作品を観た山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめた。(Wikipedia より引用) 

監督 黒澤明     出演者 三船敏郎 加山雄三 山崎努 山本周五郎の絶対的ファンである私 息子 二人の娘 犬のサブ すべて周五郎さんの樅の木は残ったほかの主人公のお名前をいただきました。


そんな私が、大好きな黒澤映画 赤ひげを見て、アット思いました 原作と全く違う主人公 あまりにも力感あふれる 小石川養生所無骨な三船敏郎所長・新出去定と最新のオランダ医学を学んだ青年加山雄三医師・保本登 ところが、原作が言おうとした意図が全く違う人物像にちゃんと表現されていました。


原作者山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめた のは、ヨイショだけとは思えませんでした。 特に曲軒と呼ばれ、あらゆる賞を拒否した周五郎の言葉だから余計に黒澤の作品を光らせたと思いました。


赤ひげは主人公の青年医師に、「仁術どころか、医学はまだ風邪ひとつ満足に治せはしない、病因の正しい判断もつかず、ただ患者の生命力に頼って、もそもそ手さぐりをしているだけのことだ、しかも手さぐりをするだけの努力さえ、しようとしない似而非(えせ)医者が大部分なんだ。」と述懐している。


このセリフ 今の医療現場でも全く同じではないでしょうか。 是非この映画もう一度ご覧ください。
 
この年の推薦日本映画

市川崑#長篇記録映画#東京オリンピック
 
にっぽん泥棒物語 冷飯とおさんとちゃん

ちゃおシニア古典映画情報

夕張で 高倉健の格好悪さ

夕張で 幸せの黄色いハンカチの高倉健

夕張に愛を取りに帰る高倉健 いなかっぺの武田鉄矢が桃井かおりを北海道をドライブ旅する、
 
その途中に殺人の刑期を終え、網走刑務所を出た高倉健と奇妙な3人旅になる

北海道の観光地の宿で、武田の安ちゃんが桃井の姉ちゃんに迫る とにかく格好悪い口説きを続けます このあたりに武田鉄矢の演技は本当にうまかった。

地で言っていると思えました。 対する桃井かおりの姉ちゃんも姉さんのイメージでなく 悩み多い娘を実にうまく演じていました。


そこで、高倉健です、
途中まで、武田を叱り飛ばすかっこよさは面目躍如

しかし、刑務所を出た彼の一番の目的が 夕張に残した妻倍賞千恵子に会うことだった。

そのことを武田・桃井に話して、 2人がかれの夕張行きに協力するあたりから格好良さが逆転する。

この映画のよさが、そして感動が湧き上がる場面 男らしい高倉が、夕張にもう待つはずがない妻 そう思えば思うほど高倉が臆病になっていく、

訪ねたが妻はいなかった、その恐怖がどんどん迫る その格好悪い芝居がよければ良いほど感動のドラマになる
武田が「勇さん(高倉)あんなに勇気がないと自分に言ったんでしょう、ここまで来て勇さん勇気がないよ」

なんてセリフ、2人の立場が逆転していました 最期はいっぱいの黄色いハンカチがはためいている家(出所したとき妻にはがきを書いて、迎えるなら目印とした)に高倉が帰り倍賞と再会する

そんな場面で、おさまるんですが、

夕張の町を、その炭鉱住宅に迫っていく場面での高倉の臆病さ それがこの映画の印象と同時に夕張の印象でした。

今日の夕張もきっと黄色いハンカチを見つけることになります。

あなたも私も応援しましょう!!!

北海道ゆかりのシンガーばかりのチャリティーアルバムです。

是非あなたもも応援を《送料無料》大橋純子/Terra チャリティ・リストバンド付(CD)

そして、シニア市場の人気、心優しい人がシニア総合7位に推薦しました。

★見た目は悪いけど夕張メロン!★

ちゃおシニア古典映画情報

夕張 武田鉄矢「幸せの黄色いハンカチ」

武田鉄矢 夕張を 応援しよう 

  夕張と言うと、炭鉱町のことより「幸せの黄色いハンカチ」 倍賞千恵子 が高倉健を待つ、鯉のぼりのさおに一杯つけた黄色いハンカチのシーンが浮かびます。 黄色いハンカチ

この映画のはじめは 欽也(武田)が島勇作(高倉)と逢ったのは、春の陽差しの強い網走の海岸であった。

欽也は自分の車で、北海道の広い道をカッコイイ女の子を乗せて、ドライブするのが高校時代からの夢で、嫌な仕事も無理をして勤め、金をためて新車を買い求めた。東京からフェリーで釧路港へ、そして、あざやかな緑の根釧原野を欽也の赤い車は、ラジオの軽快なリズムに合わせて、ひた走った。

欽也は網走の駅前で、一人でふらりと旅に出た朱実と知り合う。

朱実(桃井)は列車食堂の売り子で、同僚から誤解を受けて、やけくそになって旅に出たのだった。


そして、最後のシーン 倍賞が高倉を待つ夕張の、炭鉱夫住宅の選択さおにはためく黄色いハンカチ

何がこの映画で面白かったかと言うと、 私の個人的な感想ですが、 武田鉄矢の演技でした

高倉健とのからみの場面は、ほとんど緊張の演技が、丸分かり 武田にとって、スーパースタートのからみで 芝居どころではなかったのでしょう でも何とか監督の要望には答えたようでした。

今日の夕張の大変さを思うとき、 この黄色いハンカチは、やはり、はためくと思います。 役場の人や市長が、この黄色いハンカチをはためかすチャンスはあると思います。

この地出身のタレント、大橋純子さんの応援CD聞く収録曲
1.時代(中島みゆき)
2.季節の中で(松山千春)
3.ワインレッドの心(安全地帯)
4.地上の星(中島みゆき)
5.大空と大地の中で(松山千春)
6.恋の予感(安全地帯)
7.未来予想図U(DREAMS COME TRUE)
8.プリズム(YUKI)
9.LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)
 10.HOWEVER(GLAY)
11.シルエット・ロマンス(大橋純子セルフカヴァー)

北海道ゆかりのシンガーばかりのチャリティーアルバムです。
 是非あなたもも応援を《送料無料》大橋純子/Terra チャリティ・リストバンド付(CD)

そして、シニア市場の人気、心優しい人がシニア総合7位に推薦しました。
 
★見た目は悪いけど夕張メロン!★
形より中身の夕張メロンを食べること
で、 夕張を応援しましょう。
勿論「幸せの黄色いハンカチも」

 [PR] ★人気のシニア市場★

[PR] ★シニア市場ランキング★

ちゃおシニア古典映画情報

世界遺産 熊野古道を歩く

世界遺産 熊野古道を歩きたい


熊野古道 世界遺産 その神秘的な道をやはり歩いてみたい。
   



熊野
現在の体重と心臓の具合では多分だめだろうから、現在のうーキングを倍にして 今年は無理でも、その体型にして挑戦したい 三重は私の故郷、滋賀の隣で、

それも伊賀と接する甲賀ですから お伊勢さんと熊野は、神の道として敬う場所です 少し案内や体験者の目を通して味わいます。

東紀州は、古くは「熊野」といわれ、古事記や日本書紀に数々の神話の舞台 信仰の道として遥か遠国からも参詣者や巡礼を集め、

一時は「蟻の熊野詣」と称される賑わいを見せました。

熊野古道は、「伊勢へ七度、熊野へ三度」と伝わる通り、伊勢参りを済ませた旅人の多くが、熊野詣や西国巡礼へと向かった街道で、人々は玉城町の田丸で巡礼の装束に身を改め、苦行の道を歩いたのです。

こんな体験をした人がいます 熊野古道大吹峠から観音道へとつながる大観猪垣道で、何か視線を感じて振り向くと、そこで山の主 カモシカ?との出会 カモシカ

その主はこちらの様子を伺っていましたが、近づくと、ゆっくり森の奥に消えたそうです いかにも神の道、熊野古道という感じが伝わってきました
 






[PR] 寛ぎの休日、煌きの宿!a> [PR]【※】紀州産南高梅 紀州産南高梅熊野古道を訪ねて
 
[PR]竹酢炭泥棒ボディソープ380ml【PHOENIX】

ちゃおシニア古典映画情報

古典映画 黒部の太陽 裕次郎と三船の競演実現

  古典映画 石原裕次郎と三船敏郎競演 「黒部の太陽」  

石原裕次郎は、世界にも知られた大スター、三船敏郎との共演を企図してこの「黒部の太陽」を製作した。
 
「五社協定」といって、当方のスター三船と日活のスター裕次郎は、たとえ独立プロであろうが競演できない決まりが会った。  

裕次郎はそれを無視して押し込もうとしたが、三船がびびったという話があった。  

でもその競演は実現し、夢の競演が出来たのです 映画化には莫大な費用で、大手映画会社が組んでも手を出せないほどのスケールの大きな物語であった。

裕次郎にとっては、勝負をかけての挑戦であった。

この年、ほかにも問題作があったが、私にはこの映画しか思い出せない。

フォッサマグナ、
 
日本地理で勉強した、日本列島の岩盤をトンネルで打ち明ける工事、

そのことだけしか記憶にない映画でしたが、裕次郎の「太平洋一人ぼっち」からこの映画に情熱をかける気持ちが伝わる映画だったと心に残りました。

スターが独立プロダクションを創り自分の映画を創りたいと そんな映画界の揺れる年でもあったのでした。

この年の推奨映画
 
三国連太郎/神々の深き欲望

ちゃおシニア古典映画情報

古典映画 シニア映画 田宮二郎「白い巨塔」

古典映画 白い巨塔 田宮二郎

山崎豊子という大阪の女は、船場など大阪の商家を舞台にした小説で、世にでて、以後すごい骨太の小説を書ける希少な作家でした。

その初期の作品、医学会、大学病院を舞台にしたすごい小説

その映画化が、白い巨塔です。

田宮二郎という役者はかっこいい男前でした。


浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度などの医学界の腐敗を鋭く追及した社会派小説。

特に傑作と名高く、1966年の映画化以来、何度も映像化されている。なお、文庫版あとがきによれば、山崎はこの作品を書いた理由を「大学病院の医局は重厚な人間ドラマの場にふさわしいから」と述べている。(フリー百科事典『ウィキペディア』より引用)

監督 山本薩夫  製作 永田雅一 原作 山崎豊子 脚本 橋本忍
主演
田宮二郎 (財前五郎)
東野英治郎 (東教授)
小沢栄太郎 (鵜飼教授)
加藤嘉 (大河内教授)
田村高廣 (里見助教授)

「悪名」シリーズで勝新太郎と次々ヒットを飛ばしたときの



田宮とはこの映画のイメージはかけ離れているが、

彼は基本的にインテリだと思う。

京都府立鴨沂高等学校、学習院大学政経学部経済学科卒

衝撃の死
『白い巨塔』放映が残り2話となっていた1978年12月28日昼過ぎ、田宮は家族と別居して一人で住んでいた港区元麻布の自宅で猟銃自殺を遂げた。

残された遺書には、妻への感謝の言葉と共に、生きることの苦しみと死への恐怖が綴られ、病気で倒れたと思って諦めて欲しい、と書かれていた(フリー百科事典『ウィキペディア』より引用)


役者がこんな形で死を選ぶことを、どういったらいいのか

でも、理解できる

そういったら失礼ですね

黒澤明、川端康成

役者ではないけれど、死を試みています。

自分を越えられない、かつての自分の作品以上の作品を作れない、

演じられない絶望感からでしょうか

田宮二郎の自殺の契機になったこの映画の意味を考えました。

この年の優秀日本映画

大島渚 白昼の通り魔

シネマ de 昭和 紀ノ川

私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします

ちゃおシニア古典映画情報

ちゃお 日本映画 黒澤明「赤ひげ」

 黒澤明監督 赤ひげ 


山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。


完成した作品を観た山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめた。(Wikipedia より引用)




監督 黒澤明    脚本 井手雅人 小国英雄 菊島隆三 黒澤明

出演者 三船敏郎 加山雄三 山崎努

山本周五郎の絶対的ファンである私

息子 二人の娘 犬のサブ

すべて周五郎さんの樅の木は残ったほかの主人公のお名前をいただきました。

そんな私が、大好きな黒澤映画

赤ひげを見て、アット思いました

原作と全く違う主人公 あまりにも力感あふれる 小石川養生所無骨な三船敏郎所長・新出去定と最新のオランダ医学を学んだ青年加山雄三医師・保本登

ところが、原作が言おうとした意図が全く違う人物像にちゃんと表現されていました。

原作者山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめた

のは、ヨイショだけとは思えませんでした。

特に曲軒と呼ばれ、あらゆる賞を拒否した周五郎の言葉だから余計に黒澤の作品を光らせたと思いました。

赤ひげは主人公の青年医師に、「仁術どころか、医学はまだ風邪ひとつ満足に治せはしない、病因の正しい判断もつかず、ただ患者の生命力に頼って、もそもそ手さぐりをしているだけのことだ、しかも手さぐりをするだけの努力さえ、しようとしない似而非(えせ)医者が大部分なんだ。」と述懐している。

このセリフ

今の医療現場でも全く同じではないでしょうか。

是非この映画もう一度ご覧ください。

人気ブログランキングに参加しています
     ★ポチット★

この年の推薦日本映画


市川崑#長篇記録映画#東京オリンピック

にっぽん泥棒物語

冷飯とおさんとちゃん

ちゃおシニア古典映画情報

古典映画情報 「おとうと」市川昆監督

邦画ベスト「おとうと」市川 崑 監督

この年は、60年安保闘争で、日本中がデモの嵐が吹き荒れました

 6月15日国会デモで樺美智子さんがその騒乱の中、なくなったことを忘れることが出来ません。

私も、国会デモを体験いたしました。

青春の忘れられない年、1960年はそんな年でした。
おとうと

「おとうと」
監督 ................  市川崑
脚本 ................  水木洋子
原作 ................  幸田文

配役    
げん ................  岸恵子
碧郎 ................  川口浩
母 ................  田中絹代
田沼夫人 ................  岸田今日子

そんなデモの合間をくぐって、この年は映画を見まくりました。

当時、3本立て55円、3番館くらいはそんなチケットで、

それにしてもこの年370本位見たのですから、どうしてお金工面したのでしょう

今でも不思議な気がします。

映画に戻ります

この映画幸田露伴の娘、幸田文の原作です

その姉役が岸恵子 おとうとが川口浩 (川口松太郎の息子)

継母の田中絹代は、異母であることでこの姉弟になじめず

キリスト信仰にそのはけ口を見つけます

仲間の岸田京子と田中絹代のひそひそと陰気に話し合うシーンがなんとも今でも印象に残っています。

信仰とは、逃げ場所であること、

自分を主張する場であることがよく分かります。

統一教会など、最近のキリスト教信仰は、

この映画の田中絹代と岸田京子の姿とダブります。

この年の、日本のおかれた状況、

アメリカの占領から自立しようとする苦しさを

この映画は、監督がそんな意図がなくても、時代が作らせたように思えます。

アメリカ、キリスト教、信仰、救われる

このことが、げんと碧郎姉弟が抵抗する日本人の姿

こじつけですが、

60年安保

日米の主従の関係にNOと言った、その当時の日本人がいたのではないかとさえ思います。

この映画は、そんなこととは何の関係もないのですが、

当時の空気はこんな映画にも吹き込んでいると思えました。

この年、すごく濃い映画がたくさんありました

三船敏郎/悪い奴ほどよく眠る

小津安二郎 秋日和

裸の島(DVD) ◆20%OFF!

大島渚/日本の夜と霧

ちゃおシニア古典映画情報

古典映画 名もなく貧しく美しく

古典映画情報「名もなく貧しく美しく」1961年

60年安保世代の私には、この次の年61年にこんな映画が出来たことがよく分かります。

私自身、この年、今で言うボランティア活動で、大阪のスラムにいました。

 この年のキネマ旬報はでも、ベスト1に

羽仁進監督「不良少年」を選んだ、

たぶん見たと思うが、ほとんど記憶がありません。

記憶に強くあるのは

高峰秀子の旦那、松山善三監督(木下恵介の一番弟子)の作品

「名もなく貧しく美しく」



高峰秀子 タカミネヒデコ (片山秋子)
小林桂樹 コバヤシケイジュ (片山道夫)
島津雅彦 シマヅマサヒコ (片山一郎(一年生))
王田秀夫  (片山一郎(五年生))
原泉 ハラセン (秋子の母たま)

こんな俳優で、聾唖者家族が生きていく苦難とその生活の美しさを描いた映画でした。

偏ることなく、不幸ばかりがおしよせる生活を、不思議な暖かさで表現する

木下一家の作風が、松山監督に受け継がれた映画でした。

映画の内容より、私があなたに伝えたいのは、

前年の安保闘争で、日本中の人たちが政治にエネルギーを費やし

くたくたになったその直後に

こんな映画が生まれたことなのです。

ある意味で、癒し系の映画と言えます

またある意味で、麻薬系の映画ともいえます。

ともあれ、その後日本は日米安保の絆で、

所得倍増、世界第2位の経済大国になっていくのです。

安保世代に続く、団塊世代によって・・・

この年の映画の特徴を私が選びました

 用心棒 / 黒澤明

はだかっ子/田坂具隆

飼育/大島渚


団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。