[PR] 占い 古典映画の巨匠市川崑さん死去【古典映画@映画今昔 】:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1950年代の邦画

古典映画の巨匠市川崑さん死去【古典映画@映画今昔 】

古典映画監督市川崑 巨星去る

市川崑監督が92歳で亡くなりました。

まさしく極楽往生、巨星かくれるです。

市川崑監督には多数の話題作がありますが、

私のベストは「ビルマの竪琴」「東京オリンピック」です。

名作「ビルマの竪琴」(31年)では、水島上等兵の生き方、太平洋戦争後戦地のビルマで坊さんになって、戦友を弔う生涯を生き抜いたその生き方を淡々と描いた作風は、後の市川監督作品と違ったものを感じました。

収容所の柵ごしに隊員達は『埴生の宿』を合唱し、一緒に帰ろうと必死に呼びかけた。しかし、彼は黙ってうなだれ、『仰げば尊し』を弾く。祖国のメロディーに心打たれる隊員達を後に水島は森の中へ・・・

このラストシーンは誰でも知っている歌とともしすごくぴったり来るシーでした。

そのビルマが今ミヤンマーの軍事独裁政権で、人権を蹂躙する国家になっている事に複雑な感覚を感じます。

そして「東京オリンピック」は作品が出来た直後、大変非難されました。
つまり試合が、それも日本の選手の活躍シーンが少ないとの指摘でした。

でもこの映画はオリンピックの記録映画として、あのヒトラー時代の「民族の祭典」とともに記憶に刻まれる映画です。

オリンピックを単なるスポーツの祭典として描くのでなく、人間の芸術的な肉体の極地として描かれ、今見ても新鮮です。

描いた内容は違いますが「民族の祭典」も単なるスポーツ記録映画の域を超えた作品だと思います。監督:レニ・リーフェンシュタールと言う女流監督の力量にも市川監督と同じ力を感じています。


市川崑 長篇記録映画 東京オリンピック

私が推奨する 古典映画リストへどうぞ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ビルマの竪琴
ビルマの竪琴 プロフィール検索 動画検索 画像検索
ブログ名これ知ってる?



団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。