[PR] 占い 「明日への遺言」藤田まこと中将【古典映画@映画今昔 】:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

新作映画紹介

「明日への遺言」藤田まこと中将【古典映画@映画今昔 】

「明日への遺言」藤田まことがいない?

明日への遺言今日見てきました。

最近は高齢者割引もあって、封切り間もない映画をよく見ます。

本当に贅沢なことです。こんなことは学生時代にあったことで、意や封切りは高くて見なかったけど、とにかく映画館で見るのはそれ以来最近のことで、これまで映画館に行くなんて1年に数回程度しかありませんでした。

ともあれ映画を見ましょう



明日への遺言 スクリーンには岡田資中将だけがいました

スクリーンを見つめながら、この映画の主役藤田まことがどこにもいないのが不思議でした。

役者がいない、まったく岡田資だけがそこにいました。他の俳優には役者を感じましたが、岡田家族には役者を感じませんでした。
           


とりわけ主人公岡田資中将は、彼がそのままいる錯覚を映画が終わるまでぬぐうことが出来ませんでした。

スクリーンに映る姿はまごう事のない俳優藤田まことの顔ですが、岡田中将にしか見えないのです。

藤田まことに岡田資が乗り移っているとしか感じられませんでした。
たとえでなく、あれは演じているのではないと思えたのです。

藤田まことさんに聞いてみたい気がしますが、セリフといい、立ちい振舞いといいどこにも演技を見ることが出来ないほど、映画と現実がオーバーラップしていて本当にいいものを見たという充実感が後まで残りました。


明日への遺言、淡々とした裁判がほとんどの画像でしたが、時々涙がこぼれました。

時々岡田資が英語をしゃべるシーンがありますがまったく自然で日本人の上手な英語で、違和感なく、藤田まこと(大変練習したのでしょうが)にそのまま乗り移った岡田資自身が語っているとしか思えませんでした。

それくらい、そこには藤田まこと自身を見ることが出来ません、
この映画は、CGなどの映像テクニックなどなく、カメラワークの光る映画というより、出演者の自然ななりきった姿に価値があると思います。

藤田まことでなく岡田資しかいないと思えたように、家族たち、妻の富司純子以下息子や娘たちが毎回傍聴席で見せる姿は役を超えていました。

ほとんどセリフのない、いやまったくセリフがなかった気のする役を表情やしぐさで表現した家族たちにも感動いたしました。


それはともかく、明日への遺言いい映画でした。
このところの日本映画は本当に質がよくなってきました。

日本映画ファンの私にとってとてもうれしいことです。


まだこの映画についてはいろいろ書きたいことがあります、
 
忘れないうちにぼちぼち書いていきます、次回もお付き合いください。

明日への遺言 オリジナル・サウンドトラック/加古隆[HybridCD]

ねがい/森山良子[CD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
明日への遺言・・・これまた驚愕の作品だ!
(C) 2007『明日への遺言』製作委員会 監督・脚本:小泉堯史 キャスト 岡田資☆藤田まこと 岡田温子☆富司純子 フェザーストン主任弁護人☆ロバート・レッサー バーネット主任検察官☆フレッド・..
ブログ名あーうぃ だにぇっと



団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。