[PR] 占い 卒業文集昭和20年代【ちゃおシニア映画ファン】:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

卒業文集 作文

卒業文集昭和20年代【ちゃおシニア映画ファン】

仰げば尊し尊し 前回文集からの続き

それでは私たちの町はどんなことがあったのでしょう。

前記した作文のほかに、昭和57年同窓会にみんなに配られた同窓会誌「たつみ 再会号」幹事たちの座談会「俺たちの少年時代」を抜粋してみます。
 
たぶん入学して間もないころに記憶を話している部分でしょう

「最初に小学校のことを思い出すと、ウーン1年生のとき、二宮金次郎があって、玄関の右側で、あっこは大切な場所やった。」「そや、それはな、もともと御神影がはいってたんや、御神影というのは天皇の写真でそのやかたがあって、それをくだいて二宮金次郎建てたんや。」

「その跡に温度計やら気象観測のもんやら一緒に大事なもの入れたった。それでその時分でもあそこは入るなということやったぜ。」「けど、進駐軍に解体されたんやろ」

「それでも、周りの生垣は残ってて入るないうことやった」 (一同 深くうなずく)

「昭和22・3年ころやな」「それと1年生のとき、机が習字のできるように硯蓋がついていた」

「あれは、ずーとついとったぜ、2人並んでその間に硯がついていた」

「その時、自分の隣にいた女の子知ってる。あのとき始めて男と女を並ばせたんと違うの、それまではそんなことなかったと思うけど、君覚えてる?」

「ウーン、覚えてない、けどきっと最初やで近所の子やで」

「そう、でもこれくらい印象的なことやのに覚えてないなあ(みんな少し考える) ただ俺一番覚えてるには、たまたま1組、2組、3組に分かれただけやのに、クラス同士でよう廊下でケンカしてたで」

「あぁそや、それはそれぞれの組に偉いボスがおった。それで対抗していくクラス意識があったみたいや、今はないかも知れんけど。」

上記の座談会と作文が当時の1年生の状況を生き生き伝えてくれます。

作文を見ると、 「戦争が終わったときだったので、学用品がたくさんなかったのでお父さんにかばんを作ってもらい、ぞうりぶくろはお母さんにつくってもらい、なにも今のような皮のかばんやぞうりぶくろはあたらなかったので、僕達の時はお父さんやお母さんは大変困られたと思います。」

「戦争が終わったときだったので」は戦争の中身より、ものがなくて親が苦労したなどという戦後の子供の感想です。ほかの作文にも、かばんやら筆箱(布製)履物(ぞうり、下駄)などを親が作ってくれたことを書いています。ものがないことがとにかく印象に残ったんでしょう。

 ほかには、「ランドセルを枕元においてねどこにはいった」そして興奮して眠れなかったとの作文がありますが、ほんの少しの恵まれた仲間でした。私にはランドセルがなかったと記憶しています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。