[PR] 占い 日本映画 市川雷蔵【ちゃお シニア映画ファン】:ちゃお シニア映画ファン 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

ちゃおシニア古典映画情報

日本映画 市川雷蔵【ちゃお シニア映画ファン】


古典映画  眠狂四郎 市川雷蔵

若くして世を去った大映の大スター市川雷蔵は、多くの作品を残したが、一番のはまり役がこの眠狂四郎である。

市川雷蔵は 京都堀川丸太町で亀崎章雄(かめざき・あきお)として生まれる。
 
しかし諸事情があり実の両親と相次ぎ離別を余儀なくされ、生後6ヶ月で父の親類筋であった歌舞伎俳優市川九団次(本名・竹内嘉三)に引き取られて養子となる。

旧制天王寺中学(秀才)を中退し、 15歳で大阪歌舞伎座、東西合同大歌舞伎『中山七里』で初舞台。

雷蔵は歌舞伎俳優家の出身でなく、不利・制約を受け続けたが、
 雷蔵の実力を見抜いた評論家武智鉄二や寿海、松竹取締役(当時)・白井信太郎の引き立てで一躍関西歌舞伎の若手のホープになった。


とにかく頭のよう俳優のイメージとすごい男前だが、陰のある深いインテリ俳優の印象です。

その彼の「眠狂四郎」シリーズはキャラクターと作品がぴったり一致した映画だと思います。
 
雷蔵が37歳で病死したことは、 もう一つの印象的映画「大菩薩峠」の虚無の世界をそのまま人生にしたのではない

かと映画と現実の不思議な一致を思うのは私だけでしょうか。   

    
  私が推薦する古典映画も

 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


団塊シニアこだわり商店街

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

自然派商品のお店

旅行かばん こだわりのお店



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。